情報収集の鉄則 = NET SURFING(ネットサーフィン)
◆◇◆ 気になるWORDは、CLICK & SEARCH ◆◇◆
有名サイトだけが情報源じゃない! LINKの波に乗れば、意外な情報をGETできる! 右サイドバーにあるLINK「Another BLOG」は、本ブログのサブブログになっております。よろしければ、こちらもご覧になってください。⇒⇒⇒⇒⇒

2011年06月19日

もう1ヶ月も前のことですが。。。〜last trip〜


bb-b_00006_1024x768.jpg

今のbBは丸すぎます。。。

  

最近は本当にやる気が起きなくて、大き目の出来事さえもブログ化しない。。。。。

という感じなので、1ヶ月前のお話です。

twitterとmixiチェックでは、断片的に残していたのですが、自分の中では大事な内容なので、ブログにもあげておこうと思います。


久々の5時出発!
もちろん朝ですw

ということは、3時半起床!



向かうは、

PIC_0651-2.JPGPIC_0657-2.JPG

わかります?

まぁ、有名どころです。



ということで、八王子ICより中央道で西へ。

岡谷JCTで長野道、更科JCTで上信越道と北上し、長野ICへ。


AM9:30には、目的地に到着。



前回訪れたのは、2007年9月9日 AM6:30頃で、当時は改修工事中でした。

PIC_0323-2.JPG





あれから3年8ヶ月。。。

PIC_0656-2.JPG

今回は、山門の拝観をすることができ、この額も至近距離で見ることができました。

CIMG0434-2.JPG

お守り代わりにもなるという、「檜皮」もいただきました。(写真左下の縦長のもの)

もちろん内陣にも入り、お戒壇めぐりも。

相変わらず、本当の暗闇は何とも言えない感じがします。




ここから、更に山奥へ向かうことに。

PIC_0667-2.JPG

またもやお寺。。。。。


ではなく、次は神社。

戸隠神社となります。


さすがにすべてを参拝するには、体力がもたないので、中社のみで簡潔w

と、実はここが目的ではなく・・・・・


戸隠は戸隠でも、 「 戸隠そば 」 w

ということで、行列ができていた 「 うずら家 」 を横目に、近隣にある 「 徳善院蕎麦 極意 」 へ。

がしかし、OPENまで30分も時間が。。。

周囲をふらふらし、時間を調整。

とろろざるとそばがきを堪能し、満足!


腹ごなしに、第2目標の 「 チビッ子忍者村 」 へ。

うちの王様がお喜びになると思い、向かったのですが、あまり乗り気でないご様子。。。。。

到着しても、浮かない表情でしたが、入村して間もなく、手の平を反すようにテンション上昇w

アスレチックをほぼ制覇(水物は避けたw)した後、迷路に入り、ご満足いただけたようで、何よりでしたw


付き添った側近は、普段使わない筋肉および普段使うべき筋肉において、即時痛みを発症w

「この歳ですぐ筋肉痛になるとは・・・・・」と修行の厳しさを実感。。。。。




3時半起きと修行の結果、温泉療養を必要とする状態に追い込まれたわけですが、宿の前に、もう1箇所向かうことに。


戸隠より野尻湖方面に向かい、信濃町ICより上信越道を南下、小布施PAへ。


今回は休憩ではなく、スマートICでを利用し、一般道へ。
初スマートICでしたw


そして、小布施ということは、当然栗目的w

ということで、まずは 「 竹風堂 小布施本店 」
ここでは、もちろん 「 栗あんソフトクリーム

次は、 「 小布施 味麓庵 」
ここでは、気になっていた 「 福栗焼き 」

さらに、 「 明月庵 」
ここでは、 「 マロニエ 」 とついでに新作のパイを。

とどめに、 「 小布施堂テラス 」
ここでは、ソフトに続き、 「 栗アイス

これでもかと栗づくし。。。



ミッションコンプリートとしたところで、宿へ。

向かうは、 「 あぶらや燈千



やっとゆっくりできる。。。。。

部屋は完璧!
お風呂も完璧!

夕飯も美味しく、適量。
そして、日本酒を堪能。。。。。


満足な状態で部屋に戻り、完全に酔いが回ってしまったおかげで、夜のお風呂が楽しめず。。。
(夕飯前に入っておいてよかった。。。。。)

4時に起き、貸切状態で朝風呂を堪能!
(結果オーライw)

朝食前に、お腹が空いてしまったので、夜食用に用意されていたおにぎりを食す。

そんな2日目のスタートw


王様起床後、お供で再度入浴w

その後、朝食をいただき、帰宅の途に。。。。。



帰路のイベントは少ないので、1本で収めようと思ったのですが、ちょっと長くなったので、突然ですが、1部終了w

短くなると思いますが、残りは2部として、残します。




一体、タイトルの 「 last 」 の意味とは・・・・・
posted by 内藤 knight 隼人 at 01:10 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 【よしなしごと】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
みんなが気になるあなたのブログ レビューブログ